テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

解決ストーリー
ガラス機器取り扱い現場の事故を防止したい

──理化学系企業の研究部門様


実現できた効果 ★安全性の向上 ★作業性の維持
主に活用されたコーティングの機能 ★耐薬品性 ★密着性 ★強度

お悩み・ご要望
フラスコやビーカーなどガラス製理化学機器を取り扱う現場で、もしもの地震や取り扱いミスによる破損、破片や内容物が飛散することによる事故やケガへの対策が求められていました。
割れにくい樹脂製の機器に代替することも検討されましたが、ガラスに比べるとどうしても熱や薬品による変形が心配とのことでした。そこで、ガラス製品に破損時の飛散を防ぐコーティングができないかとのご相談をいただきました。

背景
ポリエチレンや塩ビなどの樹脂をコーティングすることで、ガラス飛散を防ぐことができる加工は他社にもあります。しかし、これらの樹脂は薬品が触れると影響を受けて、膨潤するおそれがありました。
また薬品に強い「ふっ素樹脂」のコーティングでは、密着性を上げる処理をおこなうため白濁してしまい、透明性が格段に落ちるという問題がありました。


採用の経緯・効果
ふっ素樹脂コーティングでありながら、ガラスへの密着性と透明性を飛躍的に高めた技術を開発。これをガラス機器の外面に加工したサンプルを製作し、わざと高所から落下させたところ、密着性が高いためガラスがひび割れても形状を保ち、飛散しませんでした。またその透明性で、内容物の視認にも問題がないとの評価をいただきました。
また、この加工は100℃程度まで問題なく使用できます。
さらに、コーティング膜がクッションとなり破損自体もしにくくなったり、これまでは革手袋を着用していたのが、より細かい作業ができるゴム手袋に替えられたりと、使い勝手の良さと安全性をともに改善することができました。
<< 解決ストーリー一覧ページに戻る

Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.