テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

解決ストーリー
加飾シート転写時の金型への貼りつき解消

──貼り付きの心配がなくなり、円滑な生産がスタート


※図はイメージであり、実際の工程とは異なります。

画期的な立体転写プロセスで、想定外の問題が発生
高級車などでよく見られる木目調のインパネ。その質感豊かなテクスチャを、インパネのパーツに転写する加飾シートは、消費者のニーズに合わせたデザインバリエーションを実現するために一役買っています。
粘着剤のついた加飾シートは金型を使ってパーツにセットされ、真空転写されます。その際、パーツ以外の余ったシートが、金型の一部に貼りついてしまう現象が見られました。量産前はこのような貼りつきは発生しないはずだったため、設備の変更での対応は難しいとのことでした。


ふっ素樹脂のはがれに対策
加飾シートの粘着剤による貼りつきを防ぐため、金型への表面処理を模索されていました。一方で転写に伴う真空引きや加圧により、金型の表面処理面のはがれや劣化が生じる心配もありました。当社にご相談いただく前には、金型に耐久性を与えるめっき処理の上に、ふっ素樹脂加工を重ねることで貼りつきに対策されていました。ところがこの処理を施した金型で稼働を重ねると、ふっ素樹脂のはがれが起きたうえ、肝心な加飾シートの貼りつき防止においても、その効果が思わしくありませんでした。
お客様からご相談を受けた当社は、無機系の硬い材料と、ふっ素樹脂やシリコーン樹脂など有機材料を組み合わせた、複合処理をご提案。この処理は、当社で金型や摺動部治具において加工面の長寿命化に成功した実績があり、さっそく採用が決まりました。

めっきにはできない離型コントロール
この「無機系+有機系材料」の複合処理は、貼りつき防止でも大きな改善を実現。一般的なふっ素樹脂コーティングやめっき処理ではできない、粘着物に合わせた表面の粗さや離型効果の最適な設計をおこなったのです。これによって、加飾シートの貼りつきがほぼゼロという、お客様がご満足される効果を引き出しました。
※個別の条件により耐久性や効果等は異なります。


形成 / 貼りつけ /  ・各種樹脂/ゴムの成形工程 ・抽出工程 ・樹脂封止工程
溶着工程の採用例     ・フィルム融着工程 ・CFRP成形工程

<< 解決ストーリー一覧ページに戻る

Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.