テフロンTM加工、ふっ素樹脂コーティングの最適活用を実現する

株式会社吉田SKT 〜ふっ素樹脂(テフロン(R))コーティングと表面改質技術の専門メーカー
お問い合わせはこちらから

製品案内
機能性表面処理
各種表面処理
超薄膜コーテイング
(ナノプロセス®)
超耐久性ふっ素系有機
コーティングシステム
(バイコート®)
超耐久性ふっ素系有機
コーティングシステム
(バイコート®エクシード)
帯電防止テフロンTM
コーティング(セーフロン®)
耐浸透性PFA系ライニング
(MYライニング®)
ふっ素樹脂回転成形
ライニング(ロトライニング)
ガラス飛散防止用
ふっ素樹脂コーティング
(ノンスキャコート)
モールドリリース
シリコーン
(MRSコーティング)
粘着物離型コーテイング
(TP、CAT、CTT、スーパTP)
ふっ素系常温加工型
コーティング(セラシールドF)
有機無機複合コーティング
(セラシールド)
セラミックコーティング
(SGNコーティング)
 
機能性表面処理システム
取扱商品
用途から探す
機能から探す
 
セラミックコーティング (SGNコーティング)
「高温下」でも頼もしい表面処理効果
SGNコーティングは、耐熱性の高いセラミックコーティングタイプと、セラミックにふっ素樹脂を組み合わせたタイプがあります。
セラミックの特長である耐熱性や高い硬度、遠赤外線効果に、ふっ素樹脂による付着防止効果や耐食性を付加。半導体製品や食品製造設備をはじめとする用途にあわせて、ほしい特性を効果的に引き出した表面処理を実現します。
600℃程度までの高耐熱性を持ち、溶接スパッタの付着防止等にご使用できます。
遠赤外線効果により、砂糖入り玉子焼き等を均一に加熱焼成し、焦げ付きにくく離型させます。

測定データ
※数値は実測値であり、保証値ではありません。
※実際の設計・仕様選定にあたっては、必ず当社までお問い合わせください。

【耐熱標準タイプ】
品番 SGN-100BK SGN-120GY SGN-140DG SGN-155BK
最高使用温度(℃) 600 600 600 600
標準膜厚(μm) 30程度 30程度 30程度 30程度
静摩擦係数 0.189 0.236 0.230 0.211
鉛筆硬度(RT) 6H 6H 3H 9H
鉛筆硬度(300℃) F F H 9H
特長 耐熱・防錆 耐熱・防錆 高遠赤外線・
放射タイプ
高硬度

【耐熱+機能タイプ】
品番 SGN-200 SGN-212 SGN-222 SGN-224A
最高使用温度(℃) 600 600 600 600
標準膜厚(μm) 50程度 50程度 50程度 50程度
静摩擦係数 0.226 0.249 0.198 0.194
鉛筆硬度(RT) 3H 5H H H
鉛筆硬度(300℃) H 3B 2B B
特長 高温潤滑・
離型(無機物)
高温潤滑・
高離型(無機物)
高温高潤滑 高温高潤滑・
高離型(無機物)

【セラミックス+機能材料コーティング】
品番 SGN-561 SGN-562 SGN-563 SGN-565
最高使用温度(℃) 260 260 200 260
標準膜厚(μm) 50程度 50程度 50程度 50程度
静摩擦係数 0.127 0.220 0.163 0.170
鉛筆硬度(RT) B B HB 2B
接触角:蒸留水(°) 122 118 114 124
接触角:nHD(°) 58 57 55 61
特長 遠赤外線放射・
高離型(ふっ素系)
遠赤外線放射・
高離型(ふっ素系)
遠赤外線放射・
高離型(ふっ素系)
遠赤外線放射・
高離型(ふっ素系)

【SGN-562の遠赤外線放射率と一般ふっ素樹脂コーティングの遠赤外線放射率】
おもな用途
【耐熱・潤滑×非粘着シリーズ】
・高温下における部材の保護(防錆、耐摩擦)、溶接スパッタ等の付着防止
左:ロール 右:ヒーターカバー

【遠赤外線効果×非粘着シリーズ】
・食品等の焼成時の焦げつき防止
左:玉子焼型 右:食品用天板
参考資料
【遠赤外線加熱の特徴】
  1. 熱の伝達
    a)加熱源から被加熱物への熱の伝達
     <遠赤外線加熱>
     電磁波であるので、光と同じ速度で被加熱物の表面に到達する。
     <熱風加熱>
     加熱速度が風速によって変化し、対象物に加熱ムラが生じる。
    b)被加熱物の表面から内部への熱の伝達
     <遠赤外線加熱>
     被加熱物の表面から0.1〜0.2mmまで浸透し、被加熱物に吸収され、内部加熱される。
     <熱風加熱>
     表面が急速に加熱されるが、表面の温度が一定になる為、これ以上、熱の伝達は早くは
     ならない。早くしようとすれば表面が焦げてくる。(熱の境膜が熱の伝達を悪くする為)

  2. 熱効率
    <食品の加熱>
    2.5〜30μmの波長の吸収が起こる。
    水での吸収率は93〜98%で、殆どの遠赤外線は吸収され、早く均一に加熱できる。
    <プラスチック、ゴム>
    黒色のプラスチック、ゴムは90%以上の吸収を示す。
カタログダウンロード
 SGNコーティング (全4ページ・1.9MB)


Copyright © YOSHIDA SKT CO.,LTD. All right reserved.